ダイレクトメールの作り方と効果を上げるために押さえたいポイント

こんにちは、CCCマーケティングの営業担当です。

今回の記事では、ダイレクトメールの効果をさらに高めたいと考えられている方に向けて、ダイレクトメールの作り方を解説します。

効果的なダイレクトメールを作るには、必要となる5つの構成項目を揃えること、目を引くデザインにすることなど、工夫できるポイントがたくさんあります。
受け取った生活者の興味・関心を高められるような作り方の基本を覚えると、さらにダイレクトメールのマーケティング効果が高まり、購入率・レスポンス率が上がる可能性もあります。

ダイレクトメールについては別の記事でもご紹介していますが、今回は作り方に特化してご紹介しています。
ダイレクトメールの効果が低いと感じられている方、より効果を高めたいと考えられている方はぜひ今回の記事をご参考ください。

関連記事:ダイレクトメールを有効活用!使い分けや送り方など基礎から解説

【目次】
▼ダイレクトメールを作る際に必要な5つの構成項目とは
▼ダイレクトメールのデザインを考える際に気を付けること



ダイレクトメールを作る際に必要な5つの構成項目とは

ダイレクトメールの作り方として必要な構成項目は次の5つです。

1、興味を引くための「キャッチコピー」
2、挨拶文と「ダイレクトメールを送付した目的」
3、伝えたい商品・サービスに関する「説明」
4、ダイレクトメールだけの「特典」
5、ダイレクトメールへのレスポンスを受けるための「連絡先」

 

1、興味を引くための「キャッチコピー」

まずは、ダイレクトメールへの興味を引きつけるためにキャッチコピーを記載します。

キャッチコピーはダイレクトメールの内容への興味を引き、開封を促すためのものです。開封してもらえばなければ魅力を伝えることができませんので、「超時短が可能!」「最大50%オフで○○購入」など、商品・サービスの購入によって得られるメリットを入れ込み、興味・関心を抱いてもらえるようなキャッチコピーを設定するとよいでしょう。
 

2、挨拶文と「ダイレクトメールを送付した目的」

ダイレクトメール本文の作り方は、商品・サービスの内容を紹介する前に、挨拶文と送付の目的を記載することが基本です。

挨拶文と送付の目的は挨拶をする意味があるとともに、受け取った生活者に「自分のために送られてきた」という特別感を抱かせることにもあります。時候の挨拶などを交えながら、「あなたに向けた特別なお知らせです」「ダイレクトメールを受け取った方だけの特典です」など、手紙を書くような気持ちで作ると特別感を抱いてもらえるはずです。

ただ、総務省から出されている信書のガイドラインによって、特定の郵送メール事業者ではこのような表現はNGとなることもありますので、その点は覚えておくとよいでしょう。
 

3、伝えたい商品・サービスに関する「説明」

挨拶文とダイレクトメール発送の目的の次は、商品・サービスの紹介や説明を記載します。

商品・サービスの紹介はダイレクトメールの最大の目的です。画像を使いながら商品・サービスを購入した場合に期待できるメリットや利益について伝えられるように文章を作ってください。「乾燥しやすい冬でも○○でもっちりうるおい肌に」とダイレクトにメリットを訴求したり、「夏の紫外線でダメージを受けてしまった肌をやさしくいたわる」と課題解決ができることを訴求することもひとつの方法です。

ダイレクトメールを受け取った生活者が「購入すれば自分にメリットがある」と思えるように商品・サービスの紹介と説明をするとよいでしょう。
 

4、ダイレクトメールだけの「特典」

商品・サービスの説明の次は、ダイレクトメールを受け取った生活者だけに与えられる特典を記載します。

限定的に利益が受けられる内容であれば、生活者は自分だけ利益が受けられる特別感と、通常よりもお得に購入できるお得感を得られるため、自分にとって有益な商品・サービスの購入を検討してくれるでしょう。たとえば、「ダイレクトメールを受け取った方だけ50%オフ!」「今月末までの限定キャンペーン」など割引情報を記載したり、クーポンを同封することが代表的です。

ダイレクトメール限定の特典を記載して購入を促しましょう。
 

5、ダイレクトメールへのレスポンスを受けるための「連絡先」

最後に記載しておきたいのが連絡先や問い合わせ先です。

ダイレクトメールの内容に興味を抱き、質問をしたい、問い合わせをしたいと思ってもらえたとしても、連絡先がわからなければそのまま商品・サービスの購入をしてもらえない可能性もあります。最後に連絡先となる電話番号やメールアドレスを記載したり、申込書などを同封する、商品・サービスのWebサイトへのURLやQRコードを記載しましょう。

 

ダイレクトメールのデザインを考える際に気を付けること

受け取った生活者の興味・関心を引くためにはダイレクトメールのデザインを工夫することも大切です。開封して内容を見たくなるダイレクトメールにするには、次のような点を意識してみてください。

・イラストや写真を大きめにする
・キャッチコピーを大きめにする
・商品・サービスの要点を簡潔に記載する
・「クーポン在中」「キャンペーンのご案内」など目的がわかるようにする
・ロゴやカラーで企業の個性・特性を出す
・文章は視線の動きを意識して作成する
・文字を大きくしすぎずアイキャッチを意識する
・フォントとカラーを商品・サービスのイメージにあったものにする

ダイレクトメールの作り方で最も大切なことは、「伝えたいことが一目でわかるようにする」ことです。キャッチコピーや写真を大きく使用し、パッと一目見たときに伝えたい内容がわかるようにするとベストです。

また、文字を詰め込み過ぎないこと、視線の動きを意識することなど読みやすさも重視し、興味・関心を引くためのインパクトと可読性の良さを両立するデザインにすることを心掛けるとよいでしょう。
 

デザインを考える際は「手書き」も考えてみよう

手書きのダイレクトメールはフォントよりも目立ちやすく、目に留まりやすいと言われています。なぜなら、大量に印刷された文章ではなく、「送り手が自分のために時間をかけて書いてくれた」という印象があるためです。

すべてのダイレクトメールを手書きにすることは難しいですが、一言だけでも手書き文字が書かれていると、受け取った生活者が「自分のためのダイレクトメール」だと特別感を抱いてくれる可能性が高まると言われています。

目に留まりやすい目立つダイレクトメールの作り方は派手なデザインにするだけでなく、手書きで特別感を抱かせることにもヒントがあるかもしれません。

 

豊富なDM送付経験から最適なダイレクトメールをお送りします

CCCマーケティングでは商品・サービスの販売促進に最適なダイレクトメール発送サービスを提供しています。

ダイレクトメールの送付対象は全国5,500万人のT会員で、購買履歴やWEB行動履歴からセグメントし、商品・サービスへの潜在的ニーズを持つ生活者にダイレクトアプローチが可能です。サンプル品を同梱することもできるので、購買行動を促す効果的なダイレクトメール施策のお手伝いさせていただきます。

さらに、Tポイントプレゼントをフックに購買を促進するキャンペーンの実施や、その後の効果検証の実施も可能です。施策実施から効果検証まで一気通貫して企業のみなさまのマーケティング施策をサポートさせていただきます。
より効果的に商品・サービスに最適なダイレクトメールを送付したいとお考えなら、ぜひCCCマーケティングのダイレクトメールサービスをご検討ください。

 

ダイレクトメールは作り方によって効果が大きく変わる

ダイレクトメールは作り方により効果が大きく変わるので、構成項目やデザインを商品・サービスに最適にすることが欠かせません。CCCマーケティングなら、T会員7,000万人の多種多様なデータをもとにした、ダイレクトメールの送付が可能です。ダイレクトメールに関するお悩みがございましたら、ぜひ一度CCCマーケティングにご相談ください。

 

 

関連記事:ダイレクトメールを有効活用!使い分けや送り方など基礎から解説

※CCCマーケティングでは、セキュリティ上厳重に管理された環境のもと、個人を特定できない状態でマーケティング分析を行っております。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
本記事を引用・転載をご希望の方は、事前にこちらからご連絡をお願いいたします。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++