マーケティングを理解しよう!ビジネスに役立つ定義や種類などの知識を詳しく解説

こんにちは、CCCマーケティングの営業担当です。

よくビジネスにおいて「マーケティング」は重要だといわれていますが、具体的にどういう定義や種類があるのか、詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。
マーケティングは正しく理解することでビジネスに役立つだけでなく、売上のアップにも繋がります。

本記事では、マーケティングについてビジネスに役立つ定義や種類などの知識について触れながら、詳しく解説していきます。


マーケティングとは?営業との違い

マーケティングは、「市場調査」や「販売戦略」など様々な定義がありますが、その本質は「売れる仕組みを作る」ということです。
マーケティングの基礎となる定義や、混同されやすい営業との違いについて解説します。

マーケティングの基礎となる定義

マーケティング活動には、様々な解釈や手法が存在しており、複雑化するマーケティングを効果的に実践していくためにも、基礎となる定義を理解しておく必要があります。
マーケティングの定義は、マーケティングについて研究・教育・普及をおこなっている日本マーケティング協会(JMA)によると以下の内容だと公表されています。

「マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。」

この定義を理解しておくことで、多様化する消費者のニーズや市場の変化が起きても本質を捉えた戦略を立ててマーケティングを行えるようになります。
 

マーケティングと営業との違い

マーケティングと営業の共通点は「商品を購入してくれる顧客」が活動の対象である点です。
マーケティングとは「売れる仕組みを作ること」というと、「商品を売る営業」のひとつとして解釈されることもありますが、営業とはまったく別のものになります。

具体的には、営業は直接「顧客に商品の販売活動を行う」のに対し、マーケティングは「商品を売る市場(マーケット)に売れるための戦略を立てて仕組みを作る」というように、顧客に対するアプローチの仕方に違いがあります。

 

マーケティング活動の必要性とメリット

消費者のニーズや市場が多様化したことによって「モノが売れない時代」になりました。そうした時代に商品を売るためにはマーケティングをしっかり行う必要があります。
ここからは、マーケティング活動の必要性について、「マーケティング活動をしないことで起こる問題」と「マーケティングを行うメリット」2つの側面から解説していきます。

マーケティング活動をしないとどうなる?

新商品を売り出せばモノが売れていた戦後の高度経済成長期と比べて、現在はマーケティング活動をしないとモノが売れない時代といわれています。


技術の進歩によって生活が豊かになり、消費者のニーズが拡大したことで商品の種類が多様化。市場に多くの商品が並ぶようになり、消費者に正しい情報が伝わりにくくなったことが原因としてあります。

そのため、マーケティング活動をしないと消費者のニーズがわからず、求められていない商品を売り出してしまうことにも繋がってしまいます。

マーケティング活動を行うメリット

マーケティング活動を行うメリットとして、主に以下の4つが挙げられます。

市場の規模やニーズがわかる
商品の価値がわかる(問題・優位点・競合比較)
コストを削減できる
潜在顧客を獲得できる

特に「市場の規模やニーズがわかる」という点は、商品を営業・販売する際の企業と消費者の間のギャップを埋められるため、商品展開を優位に進めることができます。
 

マーケティング活動をする上で重視すべきこと

マーケティング活動をする上では、売れる仕組みを作るためにどのような手法をとるか、営業・販売手法はどうするかなど、総合的に分析して判断することが求められます。

たとえば、CCCマーケティングでは「電気自動車の魅力を伝えたい」という目的を持っている自動車メーカーが、施策として生活提案型の家電店『二子玉川 蔦屋家電』で電気自動車をフィーチャーした展示イベントを開催し、2,000名ほどの消費者に対して認知拡大と機能理解の促進ができたという事例があります。

自動車はよくテレビCMやインターネット広告が魅力を伝える手段として使われていますが、電気自動車という特徴を踏まえて展示会というプロモーションをとることで、マーケティング活動の成功に繋げることができます。 

■詳細を知りたい方はこちらの記事をご覧ください
三菱自動車工業株式会社|二子玉川 蔦屋家電の上質な空間を活用して、アウトランダーPHEVによる『電気CAMP』を提案

 

マーケティングのトレンド変遷

マーケティングという概念が誕生したのは1950年以降で、当時のマーケティングに対する考え方やトレンドは現在と全く異なるものでした。
近代マーケティングの父と言われているフィリップ・コトラー氏は、こうした考え方やトレンドの移り変わりを以下の4つ時代に分けて解説しています。

マーケティング1.0「製品中心主義」

1950年代マーケティングは価格競争が主流でした。より安く大量に商品を生産し、供給を大きく上回る需要に対して商品を提供すれば売れると考えられていました。

この時代は商品の値段を変えることで需要と供給の相関性を表す「価格弾力性」によって、市場が成り立っていたからです。需要が供給を越えないように売り手である企業が価格を調整していたことから、企業に優位性があった時代ともいえます。

マーケティング2.0「顧客中心主義」

1970年のオイルショックの頃になると、消費者が「何を必要としているのか」という「ニーズ」が重要視されるようになります。

価格競争が過熱したことで生産技術が発展し、安価な商品を大量に生産することが可能になったため、似通った商品が流通するようになりました。その結果、消費者のニーズを見極め、マーケットに合わせた商品を提供する必要性が生まれたのです。
企業は商品を競合と差別化させることで、顧客を獲得していくようになります。

マーケティング3.0「価値中心」

消費者のニーズは物質的な商品価値だけでなく、社会的な付加価値へ遷移していきます。また、インターネットが普及したことで、企業や消費者は今までよりも簡単に情報を手に入れられるようになりました。そこで企業はインターネットを活用してマーケティングを行うようになります。

今まで企業は「利益を追求すること」を目標に経済活動をしてきましたが、この時代になると「企業の社会的責任」に着目されるようになります。提供する商品に価値があるだけではなく、「社会に対して貢献しているか」という軸でも評価されるようになったのです。その結果、地球温暖化やリサイクルなどの社会問題に取り組む企業が増えました。

このように消費者の評価軸が社会への付加価値となったことで、企業が社会貢献活動を行うこともマーケティングの手法のひとつとして考えられるようになったのです。

マーケティング4.0「自己実現中心」

2010年頃からは社会的な要因だけでなく消費者の自己実現や欲求を叶えることで精神的な価値を満たす商品が求められるようになります。ここで取り上げられている「自己実現」とはアメリカの心理学者アブラハム・マズローが提唱した欲求5段階説の最終段階に基づいています。

現代では、ブログやSNSなどの普及によって、企業だけでなく消費者も情報を自ら発信する手段を持つようになりました。自分が購入した商品を、ブログやSNSを通じて発信し情報をお互いに交換できます。

企業はこのような背景から、今までのように「購入までのプロセス」を考えるだけではなく、新たに「製品を購入した後」のプロセスまで考える必要性が生まれたのです。

マーケティングはトレンドによって変化する

このようにマーケティングは時代によって変化する市場に合わせてトレンドが移り変わっており、今後も新しい技術の開発や生産体制の変化によって次のステージへと進んでいく可能性が考えられます。

 

マーケティングのプロセス



マーケティング活動を行う上で大切なことは、まずしっかりと基本となる戦略を立てて状況をリサーチし行動することです。
特に「誰に何をどのように営業・販売するか」を明確にすることはマーケティングの成果に繋がる重要な要素となります。

主なマーケティングのプロセスは以下の順に行われます。

市場調査(リサーチ)
広告宣伝活動
効果検証

具体的にマーケティングがどういった流れで行われるのか、詳しく解説していきます。

プロセス① 市場調査(リサーチ) 

マーケティング活動はまず、市場調査(リサーチ)することから始まります。
リサーチする内容としては、大きく分けて2つあります。まず市場では何が売れているのか、顧客に何が求められているのかといった「外的環境の分析」
そしてもうひとつが営業・販売方法や製品の強み、弱みは何なのかという企業内部の「内的環境の分析」です。

CCCマーケティングでは、当社で保有しているビッグデータを活用して市場調査(リサーチ)や顧客分析を行うことができます。

リサーチサービスの詳細はこちら

プロセス② 広告宣伝活動

市場の分析ができたら、商品の広告宣伝活動を行っていきます。
広告宣伝活動は、市場調査(リサーチ)などのリサーチによって得られたデータを踏まえて、

・商品をどのように売り出していくのか
・誰に対してどのようにプロモーションするのか

ということを決定し、テレビなどのマスメディアの利用やインターネット、SNSの活用など様々な選択肢のなかから効果的な手法を選び、実践していきます。
CCCマーケティングでは、企業さまの課題に応じた最適なサービス・メディアをご提案しています。

サービスメニューはこちら

プロセス③ 効果検証

広告宣伝活動をして、商品の営業・販売が終わったあとには効果検証をする必要があります。
実際に商品の売上になったのか、費用や反響などを踏まえて検証することで、次の市場調査(リサーチ)や営業・販売活動、マーケティングへ繋げるための重要なデータになります。

CCCマーケティングでは、施策の効果検証まで一貫して行っています。施策反応者の特徴や、その後の購買行動の検証、施策反応者へのアンケートの実施など、様々な角度から検証することが可能です。

分析サービスの詳細はこちら

 

代表的な顧客アプローチと戦略

マーケティング活動には、業種や企業によって様々な顧客へのアプローチの方法と戦略が存在しています。
その中でも、特に代表的なマーケティング3つを挙げて解説していきます。

マスマーケティング型

マスマーケティングは、対象を特定せずにすべての消費者に同じ方法でマーケティング活動を行うことです。
大量生産・大量販売・大量プロモーションを主軸にしており、大きな利益に繋がりやすい反面、莫大なコストがかかるという特徴があります。
 

インバウンドマーケティング型

インバウンドマーケティングは、消費者に対して情報を提供して商品に興味を持ってもらうことで購入を促すマーケティング活動です。
消費者に様々な情報を発信できるので、顧客化しやすいメリットがある反面、マーケティングの成果が出るまでに時間がかかることや、継続的に情報を発信していくための労力がかかるというデメリットがあります。
 

ダイレクトマーケティング型

ダイレクトマーケティングは、企業が顧客に対して直接アプローチするマーケティング活動です。
商品の情報を伝えるダイレクトメール(DM)や、SNSメルマガといったマーケティングの方法があり、費用対効果が高いことや効果検証がしやすいという特徴があります。

CCCマーケティングでは、ターゲットであるT会員に、郵送DMやWEBメールなど様々なダイレクトマーケティングの方法を使い、レコメンドやサンプリングをすることで、顧客にアプローチすることが可能です。

 

ツールや本を活用した新しい時代のマーケティング手法

マーケティング活動の中で重要な要素となる顧客や市場は常に変化しているため、それらに対応しながらマーケティング活動を実践していくことはとても難しいものです。

しかし、これらの変化に対応するようにマーケティング手法も日々進歩しており、専門ソフトを使ったマーケティングツールや、マーケティング主軸に行う専門職が登場し、効率的・効果的にマーケティング活動が行えるようになっています。

マーケティングオートメーション(MA) 

マーケティングオートメーションは、マーケティング活動を行う上で必要なデータを一元管理し自動化できるソフトで、通称MAと呼ばれています。

マーケティングオートメーション(MA)には、

・データベース管理
・業務のオンライン化
・見込み顧客のセグメント

など、作業を効率化して管理しやすくできるという特徴があるため、規模が大きい市場のデータを収集してマーケティング活動を行う際におすすめです。

定義や基礎を学べる様々な種類のマーケティング本

マーケティングは、その概念が誕生した段階では専門的な知識が必要で初心者には挑戦しづらいものでした。

しかし、市場の移り変わりやマーケティング活動を専門とする職種の登場により、様々な手法や種類が分析された結果、現在では基礎や基本を学べるマーケティング本が普及し、初心者でもマーケティングの基礎を学べるようになっています。

例えば、マーケティングを一から学ぶために考え方や概念を知りたい方は、マーケティング概論について詳しく書かれているものを、WEBやSNSを使ったマーケティングについて学びたい方は、Webマーケティングの具体的な手法が紹介されているものを選ぶと良いでしょう。

マーケティングの基礎をしっかり学んだうえで、経営視点でのマーケティングについて知りたいという方は、V字回復した実績をもつ大企業の戦略が書かれた本などを選んでみるのも良いかもしれません。
初心者の方には、イラストや漫画などでわかりやすく説明されているものや、専門用語を詳しく解説してくれるものもありますので、ご自身にあった本を選んでみてください。

 

マーケティングはビジネスの基礎や基本となる存在

定義や手法、トレンドの移り変わりなど、様々な角度からマーケティング活動について解説してきましたが、マーケティングは分析・リサーチするターゲットが市場であるため、時代によって変化する社会に対応していくことが求められます。

社会が多様化し企業が商品を作るだけでは売れない時代になった現在、効果的に商品を営業・販売し、市場や顧客のニーズを掴んでいくためにも、マーケティングはビジネスの基本となる存在となっています。
ビジネスを成功させるためには、市場調査(リサーチ)から効果検証まで一貫したマーケティングが必要です。

CCCマーケティングでは、7,000万人を超えるT会員基盤と、それに紐づく膨大なデータを保有しているため、企業さまの目的に合わせ一貫したマーケティング施策をご提案できます。

マーケティングに興味やお悩みがある場合には、ぜひ一度CCCマーケティングまでご相談ください。
CCCマーケティングのソリューションはこちら


■引用元
マーケティング活動の組織内分布が市場志向の組織プロセスに及ぼす影響
公益社団法人日本マーケティング協会について

■参考
・『マズローの心理学』フランク・コーブル著, 小口忠彦訳, 産能大出版部, 1972年.
・『コトラーのマーケティング・マネジメント』フィリップ・コトラー著, 恩蔵直人訳, ピアソン・エデュケーション, 2001年.

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
本記事を引用・転載をご希望の方は、事前にこちらからご連絡をお願いいたします。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++